「騒音問題」を解決する

多くの人が賃貸のアパートやマンションに住んだ経験があると思います。 アパートやマンションは 色々な人々が一緒に暮らす共同住宅です。 そんな共同住宅で起こるトラブルに 「騒音」のトラブルがあります。 共同住宅の宿命ともいえる「騒音」のトラブル。 この「騒音」に我慢せずに 解決するためのヒントをお話ししました。

 

「騒音問題」を解決するための3つのポイント

1、第三者を使う

2、調査をする

3、やるより、やられる方が気楽

 

1、第三者を使う

お客様が騒音と感じている「音」が「騒音」がどうかを確認する必要があります。

そんなときは第三者的な立場の人に、音の確認をしてもらいましょう。

まずは、親御さんはもちろん、友人や会社の同僚など、依頼しやすい人を頼るのがいいでしょう。

しかし、その問題の解決を目指すのであれば、管理会社に連絡をとり

確認してもらいましょう。

「音」の感じた方は、人によって様々です。

さらに、ご自身の体調や気分によって、その感じ方も変わります。

よって、第三者に、客観的に判断してもらうことは大切です。

 

2、調査をする

管理会社は、いつ、どこで、どんな、どのくらいということについて

質問します。

お客様が、その騒音の原因は上階の入居者だと決めつけていたが、

実際には、その隣の入居者が原因だったなんてこともあります。

よって、いつ、室内のどの場所から、どんな音が、どのくらいの頻度で聞こえてくるのか、といった内容の調査は、必要なのです。

それをもとに、上階のお客様の生活と照らし合わせ、原因の調査を行います。

 

もしも、トラブルが大きくなってしまった場合のは、それらを記録しておくことが重要です。

いまは、スマホのアプリなどを使って簡単にメモを取ったり、

その音の大きさを測ることもできます。

 

賃貸管理,不動産経営,悩み,アパート経営,賃貸経営,賃貸住宅管理,賃貸リノベーション,賃貸経営,大家さん,オーナー,リフォーム,儲かる,儲からない,トラブル,不動産投資,経営相談,,無料相談,空き部屋,空室対策,,老朽化,岐阜県,岐阜市,各務原市,羽島市,大垣市,初心者,成功,失敗,利益,賃貸管理会社,投資効率,動画,キャッシュフロー,YouTube,ユーチューブ,CPM,利回り,デメリット,運転資金,地獄,頭金,赤字,年収,経費,一括借り上げ,うまくいかない,リスク,土地活用

3、やるより、やられる方が気楽

「私が苦情を言っていることは、上の人には言わないでください」

ご連絡をいただいたお客様のほとんどが、こう言われます。

ただ、問題を解決したいのであれば、上のお客様にも伝える必要があります。

さらに、多くの場合は、下の階に音が響いている自覚がなく

「それは、申し訳ございませんでした」と

素直にききいれていただき、騒音が改善するケースもあります。

多くの方が、配慮に欠けているとは言い切れず、悪意があるわけでもありません。

 

実際には、そんなに大したことのない音が気になってしまい、クレームを言うお客様のいらっしゃいます。

本当に悪質で、他の入居者への配慮がかけるような行為には、毅然と対応する必要がありますが、現代社会では、「お互い様」という気持ちの余裕も必要だと思います。

「人のふり見て我ふりなおせ」ではありませんが、

もしかして、自分の何かしらで、他の方に迷惑をかけていることがないかと

自分を振り返ることも、大切かもしれません。

 

しかし、本当に、早朝や深夜に、配慮の無い音をさせていたり、悪意のある音を発生させるような行為であれば、迷わず、管理会社へご連絡いただいて結構です。

速やかに、改善ができるように、対応致します。