YouTube を始めてみました!

※最後の方に、後編も貼ってます!♫

かなり前にもYouTubeを作成した気はしますが、

今回は、方針も全然ちがうもので…

 

お部屋の紹介もたまにはしますが、

動画でアパート経営についてや、

会社の考え方など

アパートに住んでいる人に向けての

情報発信なんかもしてみようかと思っています。

 

アパート経営成功の3つのポイント

1、アパート経営は事業

2、家賃査定の方法

3、パートナー選び

 

当然のようで、

地主さんも、投資家さんも

これがそもそも抜けていて

経営に苦労している方が多いです。

 

もう片手間のアパート経営や

気軽な投資で年金代りになんて話は

全然通用しない

プロが日々頭を悩ませながら

しのぎを削っている業界になっています!

 

賃貸管理 プロパティマネジメント PMアパート経営 賃貸経営 賃貸住宅管理 賃貸住宅管理業 CPM CPMとは CCIM CCIMとは リノベーション 賃貸リノベーション 賃貸経営コンサル 古い 老朽化 原状回復 大家さん オーナー アパートオーナー 不動産投資 経営セミナー 賃貸経営セミナー アパート経営セミナー お悩み お悩み相談 経営相談 空室 空き部屋 空室対策 決まらない 解決 満室 満室経営 家賃滞納 滞納者 仲介業者 ボロアパート かわいい

1、アパート経営は事業

相続対策でアパート経営を始めたので

結局、手元に現金は残らない。

 

年金代わりにアパート経営を始めたので、

定年になるころにキャッシュを生めば…。

 

こんなスタンスで

これからの日本の賃貸経営は乗り切れません。

経営当初からキャッシュが出ない投資なんて

先行きが見えない経済状況の中

なんで、将来は安泰と思えるのでしょうか?

 

アパート経営は、金融商品などの投資と違い

事業、商売の色が強い投資です。

 

商売であるなら

始めた時には利益がでなくていいよ…

なんてスタンスで始めますか??

 

アパート経営も同じです。

儲からなきゃ、やるべきじゃないです。

 

2、家賃査定の方法

家賃査定って難しいです。

日々、市場で契約家賃を見る我々でも

外すことはあります。

 

なのに、家賃査定に

手間も時間もかけずに

アパート経営を始める人が多すぎませんか?

 

売りたい不動産屋が

地元の仲介業者に電話で聞いただけの情報で

安易にアパートを購入するとか

 

常にお付き合いのある1社のみの情報を鵜吞みし

他に多くある業者の情報には興味がない

いや、そもそも調査をしようともしていないとか

 

家賃査定をして

売り上げ目標を立てるわけで

それが適当って

どうなんでしょう…

 

手間と時間をかけて

人間関係も作って

経営のリスクをへらすためには

家賃査定は重要です。

 

賃貸管理 プロパティマネジメント PMアパート経営 賃貸経営 賃貸住宅管理 賃貸住宅管理業 CPM CPMとは CCIM CCIMとは リノベーション 賃貸リノベーション 賃貸経営コンサル 古い 老朽化 原状回復 大家さん オーナー アパートオーナー 不動産投資 経営セミナー 賃貸経営セミナー アパート経営セミナー お悩み お悩み相談 経営相談 空室 空き部屋 空室対策 決まらない 解決 満室 満室経営 家賃滞納 滞納者 仲介業者 ボロアパート かわいい

3、パートナー選び

精度の高い家賃査定をするためにも

パートナー選びは重要です。

 

自主管理の大家さんの数は

数年前に比べると

かなり減っているのは明らかです。

 

アパート経営は

「プロ化」

の時代になっています。

 

パートナーのいない大家さんの経営は

どうなっているのか

想像に難くはありません。

 

プロが

日々情報をとり、

勉強を行い

様々な投資をしているのです。

 

ご自分で

知識をプロレベルまで高めた方でない限り

自主管理の大家さんが

対抗できるわけがありません。

 

さらに、岐阜のような地方では

地方ならではの特性や

傾向があります。

 

岐阜市でよくある例は

首都圏の投資家が

首都圏の不動産売買の業者から物件を購入し

その業者が指定した

愛知県名古屋の管理会社を指定する…

失敗する確率が高い典型的なケースです。

 

こんなケースでの失敗について

数多くのご相談をいただきました。

 

経営について知識がある投資家や業者であれば

想像できそうなことです。

 

家賃査定を誤り

現地の運営をまかせる業者選定を誤る…

 

成功のしようがありません。

 

まとめ

儲かるアパート経営には

良いパートナー選びが不可欠です。

 

大家さん・オーナーさん自身の知識はあるが

日々の運営については

賃貸管理会社にまかせたいとか

 

募集が一番不安なので

仲介業者にまかせたいなど

 

大家さん・オーナーさんの経営に対するポジションによって

パートナー選びも大きく変わります。

 

しかし、今までのような

言われたことを

事後対応するだけの

管理会社は、選ばれない時代になります。

 

 

大家さん・オーナーさんをサポートするパートナーは

なぜその家賃なのかを説明でき

空室の期間を少なくするべく考えをめぐらし

かかる運営費に気を使い

営業純利益「NOI」を向上させられる

経営について知識のある業者でなくてはならない時代になりました。

 

これがわからない業者は

パートナーとしての資質にかけ

選ぶに値しない業者です。

 

※後編も、ぜひご覧ください!♫